文芸船

落ちこぼれのウロボロス(下)

 きっと、俺は莫迦になったに違いない。俺は部屋と台所の清掃を終え、仕事と関係しそうなものと万年寝床、そして干しっぱなしの下着を全てしまい込んでから溜息をついた。

 一週間後、とくに予定がない限り勉強会をやることとなった。後になって他人の仕事の分析なんてできるものかと思い返したが、普段から企画と営業の丸投げ仕事を解体再構成して、顧客にもっともらしく見えるよう化けさせて投げ返すというわけのわからない仕事をやっている俺ならできそうな気もする。

 本気の企画とかをやりたい。顧客と実のある打ち合わせをしたい。そんな我儘を言っても始まらない。それが俺の役割だ。

 スマホにクツナからのメールが届く。クツナの携帯電話は、どこのジャンク屋で拾ったのかというぐらい旧式だったので不安だったのだが、一応メールはできたようだ。

 一応、飯を作ってくれるのがお礼だとのこと。お礼のついでに二人分作った方が美味しいですよとか言って結局は夕食の材料をたかる気満々なのだから始末に悪い。神様ならせめて鶴や亀の恩返しを見習って欲しい。

 ちなみに幸運度を上げるなどは仕事の本務で、それは賄賂だとも言っていたが、実はできないのだろうと勘ぐっている。

 とはいえ、結局は読心術の正体は見破れないまま終わったわけだし、あそこまで正確に読み取るとなると、心理学や思考をそれとなく導くトリックだとも思えない。

 冷蔵庫を開けてメールに載っている夕食の材料を確認する。別れる際に言われたとおりなので問題はない。あと一応、緑茶とミネラルウォーター、コーヒーは準備済みだ。

 何だこれは。恋人やお客様を待っているようで苛立つ。こっちはたまの休みを仕事の助言に費やすというのに。

 訪問のベルが鳴った。玄関を慎重に開けると、クツナが緊張した面持ちで立っていた。最初に会ったときと違い、髪は櫛を通しているようだが、相変わらず目の下には隈があり同じ服を着ている。フリースの中から見えるシャツの色は違うので、一応は清潔にはしているのだろう。うむ、分析のおかげで変なときめきは過ぎ去った。

「福の神を相手に変なときめきとか思う人は、世界広しと言えども茂人さんぐらいです」

「人に仕事の助言を貰いに来て、夕食を作るついでに飯にありつこうとする神様なんて世界広しと言えどもクツナぐらいです」

 二人で睨み合い、結局は無駄なので部屋に通す。俺は無地の紙と赤ペン、蛍光ペンを机に並べる。するとクツナは方位磁石を机に置いて机の位置を動かし、俺が南東に、クツナが北西の席で向かい合うように座る。

「勝手に動かすな、日当たり考えているし」

「これだって運気をあげるのに重要ですよ」

 俺が注意しても、むしろ俺が間違っているかのように胸を張る。まあ文句は言ったが、帰ったら調整すれば良いので構わない。

「これからクツナがどんなに思考が散らかっていて体系も客観性もないのか現状分析により明確にし、その上で矯正すべき点を抽出していこうと思っているのだ」

「茂人さんはきっと嫌われ者でしょうね」

「俺の人生分析はいらない」

「一応、福の神としてはそれも仕事ですが」

 莫迦らしい遊戯を数回付き合う程度のつもりだったのだが、正面きって言われると何か苛立ってしまう。だがクツナの視線があまりに真っ直ぐなのが気になった。

「何で俺の性格分析と人生分析がお前の仕事なんだ」

「嫌われ者なら罠にはめられます。そこまで悪くなくても、気づいた誤りを放置されたりして、その煽りを食らって不幸になります」

「それをどうかするのが福の神だろ」

 俺の嫌味に、クツナは全く臆することなくさらに真っ直ぐな視線のまま返した。

「場当たり対処は結局、大凶を避けられません。根治すべきなのです。茂人さんの嫌われそうな性格をそれとなく矯正すべきです」

 案外とまともなことを言うので納得しかけたが、全体として見れば結構な悪口を言われていることに気づいた。

「嫌われそうでも、明確に言うから仕事が前に進むんだ。変えるなんて余計なことだ」

 俺の言葉に、クツナは意外なほどはっきりした笑顔を向けた。

「わかっています。というか先週、わかりましたよ。だから今もこうやって私を助けようとしているでしょう。ろくに得がないのに」

 俺がヒアリングしているのか、クツナが俺の面談をしているのかわからなくなった。俺は慌ててテーブルを叩くと、普段の仕事の勢いでがつがつとクツナの言う「神々の仕事」について整理を始めた。


 クツナの説明をまとめると、高天原は官僚組織的だということ。神々は産まれながらにして神なるものと、人間や動物から変化した下級神が在ること。そして、クツナたち下級の神は複数の担当を抱えて訪問営業よろしく人間や動物の間を駆け回っていること。

 そして国内一位の落ちこぼれがクツナで、その落ちこぼれが俺の所に来た理由は。

「職場と自宅の往復がほとんどでわかりやすい茂人さん一人だけ担当なら何とかなるのではということで。まさに崖っぷちです」

「じゃあ辞めれば」

「辞めたら神ではなく、でも霊力だけあるので妖ってことで討伐されちゃいます」

 こういう話を聞くと助けたくなる。まあ信用はしていないのだけれど。ただ何となく、新興宗教や詐欺の類ではないと思う。いや駄目だ。俺がなぜ気分だけで判断しているのだろう。あまりにも論理性に欠けすぎる。

「論理がなくても良いのではないですか。茂人さんだって機械じゃないんですよ」

 また読まれた。クツナの話は荒唐無稽なのに、この読心術と真剣な言葉が俺を侵食していく。論理的にありえないと言いたいが、完全に否定するだけの証拠もない。

 だが、だからと言って信じるのは新興宗教にはまる奴の典型だ。否定できなくても肯定だとは限らない。詭弁の代表例だ。それにしてもそろそろ腹が減ってきた。

 俺が頭の中で色々考えていると、クツナは眉をひそめて言った。

「よく図にも書かずに色々考えを進められますよね。そうやって詭弁を作るんですか」

 言ってクツナは立ち上がると、勝手に冷蔵庫を開けて冷やご飯と卵を取り出し、フライパンを火にかける。

「まだろくに勉強はしていないだろ」

「お腹減ったって思ったじゃないですか」

 老夫婦がお互い察知して動くのはこういうことだろうか。いや違う、幾ら何でもクツナの言動は俺の思考をなぞり過ぎている。

「老夫婦とか嫌だな、確かに私は茂人さんなんかより、ずっとずっと年上ですけどね」

 気軽な雰囲気の言葉なのに、ふと薄ら寒さを憶えた。設定とかそういう作り話めいたものではなく、本当に正直な話の匂い。そういえば俺はなぜ、ここまで簡単にクツナを受け入れてしまったのだろう。それはやはり霊力とかいう類のものなのか。それとも。

「寂しいから、じゃありませんか。ちなみに私、そういう人心をがっちり支配するような術を使えるほど有能じゃありません」

 安心して良いのか呆れるべきなのか。俺が悩んでいるうちに、クツナは器用に冷やご飯にケチャップをかけ、鳥の胸肉を裂いて混ぜ込んでいく。ケチャップライスを皿に取り、今度は卵を割り入れる。俺が作るより卵の数が少ないが、これも器用に薄く焼いて、皿に取ったケチャップライスを包み込んだ。

「オムライスです。材料は思い切り安上がりですが美味しいですよ」

 安上がりで、を強調して言う。だから腿肉ではなく胸肉か。だからこの透き通るほどまでに薄い卵なのか。

 ある意味ではオムライス専門店でもできない技術を駆使したオムライスにスプーンを立てた。口に含むと、いつの間にか入れたらしい胡椒の香りが香ばしく美味い。クツナも半分を皿に取り分けて一緒に食べ始める。

「結局、飯を食いに来ただけか」

「思考を読んでいるので、かなりの助言は受けていますよ。というか私の頭では茂人さんの思考速度についていくのがやっとですし」

 もうどうでもよくなってきた。だが、このなし崩しの関係が続くのも悪くない。

「私も悪くない気がします。むしろ、福の神なんて辞めて人間になれたら良いのに」

「たぶん、人間同士だったら、俺たちは会わなかったんじゃないのか」

 俺は人間だろうと言いたいところだが意地悪に言った。だがクツナは真顔で答える。

「会えなかったでしょうね。今も、本当は神が直接会ってはいけないのですし」

 ああそうか、と俺は珍しく何も考えずに生返事をして、鶏の胸肉を頰張った。クツナはゆったりと微笑んで頷くと呟くように言う。

「こんな時間ならずっと続けば良い気がします。同じ場所を巡っていても構わないから」

 同じ場所を巡っても。クツナが蛇の姿に戻り、自分の尻尾を咥えて輪になって転がっていく姿が頭に浮かんだ。

「自分の尻尾を食べるほど飢えていません」

 俺はスマホで「ウロボロス」と検索してみせる。そこには、先ほど頭に浮かんだ映像と似た意匠の画像が幾つも表示されていた。

「ギリシャ哲学で出てくる絵で、死と再生や完全性を象徴する意匠なんだ」

「私たち蛇が完全だなんて照れちゃいます」

「蛇の名誉のため、クツナは別扱いだな」

 クツナは頰を膨らませてみせ、だがすぐに朗らかに笑って言う。

「こういう時間が、ウロボロスみたいに周り続けて欲しいですよ」

 俺は照れ臭くてそっぽを向いた。


『さよならなのです』

 ちょうど一ヶ月経って四回目の勉強会が終わった翌日、クツナから仕事中にいきなりこれだけのメールが入った。俺は呆れて溜息をつく。ようやく神様ごっこにも飽きたのだろう。飽きたついでにまともな仕事に転職していれば良いのだが。

 昨日はクツナの真似をしてオムライスを料理している最中に、クツナが適当に置いたオリーブオイルの瓶につまずいたせいで突き指をしたのでスマホを弄る指が痛い。最近はこういう怪我の類がなくなっていたので、余計に痛みが気になってしまう。

 俺はスマホを机に放り出して仕事に戻る。すると上司が笑顔で寄ってきた。

「弥生君、先週に報告した案件、すんなり上の決裁降りたから先に進むことになったよ」

 思わず笑みが溢れる。すると執務室の入口に丸投げ王の第一営業課長が立っているのが目に入った。思わず顔をしかめると、丸投げ王は頭を掻きながら低い腰で近寄ってくる。

「弥生君、先月は丸投げして済まなかった。先方の契約を取れたのは君のおかげだと、人事課にも伝えたよ。彼、僕の同期だからよしなに頼んでおいたから」

 ほう。また笑みが溢れる。俺は上機嫌で野菜ジュースを買いに行こうとし、ふと机に放り出したスマホが目に入った。

『さよならなのです』

 にへら、と力なく笑うクツナの顔が見えた気がした。なぜここまで急に仕事が順調になる。そうだ、今日はなぜいつものきついコーヒーではなく野菜ジュースなんて健康的なものを飲もうとしているのだ。

 そういえば、神が直接会ってはいけない、と言っていなかったか。崖っぷちと言ってはいなかったか。妖になれば討伐だと。昨日、オリーブオイルにつまずいて突き指をした。これは、見方によっては確かに不運だ。

 クツナの作り話が一本の線でつながる。そんな莫迦なと思いつつ、俺はクツナにスマホで電話をかける。だが呼び出し音すらならずに全く電話が繋がらない。

 俺は立ち上がり、上司に有給を取りたいと言う。上司は今日のことや最近の残業続きもあるからと笑顔で何も聞かずに承諾した。

 俺は背広を着込むのも適当に済ませて会社を飛び出した。飛び出してどうする。どこに向かおうというのか。手がかりはクツナの携帯番号しかないのに。

 違う。俺はクツナと違う。俺には論理的な思考で戦える頭脳があるはずだ。だが考えがまとまらない。オムライスが美味かった。違う。カレーライス。違う。カツ丼。違う。クツナと一緒に食った飯ばかり思い出してどうする。食っていないのは、焼きとうきび。それも食物じゃないか。

 さらに記憶を辿りかけ、焼きとうきびに何かが引っかかった。あのとき、何の話をしていただろうか。次にはまた焼きとうきびを食べる、違うそれじゃなく。そうだ、円山動物園に行く話をしていたのだった。そして、行きたくないと。神社に本部があると。

 俺はタクシーを掴まえて飛び乗り叫んだ。

「北海道神宮まで!」


 経緯整理。俺の怪我という不運。クツナから別れの言葉。俺の運勢が急に改善。本来は人間と会ってはいけない。福の神の癖に破れかぶれで俺を殴ろうとするほどの崖っぷち。そして崖っぷちから落ちたら討伐対象。

 参照情報。北海道神宮は明治四年に北海道の開拓と発展を守護する神として、大国魂神、大那牟遅神、少彦名神の三柱の神々を祀ったもので、戦前は官幣大社としてとくに重要な神社とされていたそうだ。今は札幌市内で有数の桜の名所として親しまれている。

 由緒に載るような高名な神々が直接クツナに会うとは思えないが、本部と言っていたということはその下にいる、例えばうちの人事課のような神様がいるのかもしれない。

 頭の中で情報が整理されていく。だが何一つまともに結びつかない。ほとんどが推測どころか妄想に近い推測で結びつけるだけだ。

 荒唐無稽で現実性の薄い話だが、何もわからない中では当たって砕けろしかない。何だこの腐った状況は。情報がない理屈に合わない費用対効果も見えない本当に問題が起きているのかさえ、把握できていない。それなのに俺は財布に幾ら入っているかさえも確認せずにタクシーに飛び乗っている。

 莫迦らしい。クツナと会ったせいで俺は本当に莫迦になっていく気がする。クツナなんて大嫌いだ。大嫌いなクツナに文句を言ってやらないと気が済まない。

 だから今は。今はクツナの小さな手がかりを徹底的に追ってやるのだ。

 北海道神宮と一口に言っても広大だ。だが俺は迷わずタクシーを社殿の北東に回した。クツナが机を動かしたのは方位だ。崖っぷちのクツナは縁起の悪い方角、つまり俺の座った位置と逆の方向にいるはずだ。ちょうど北東だと丑寅、鬼門と一致する。

 俺はタクシーを降りると、周囲の視線も無視して恥も外聞もなく叫んだ。

「クツナ! クツナヒメノミコト!」

 何も反応がない。社殿に向かって歩きながら再び限界までの大きさで叫ぶ。

「クツナ! クツナヒメノミコト! 返事をするんだ! さよならです、じゃない!」

 背筋に嫌な気配を感じる。慌てて見回すと周囲の人々が明らかに減っていた。叫んでいる俺を避けているのではない。むしろこれだけ叫んだ俺を認識していない。

 木々の影が濃くなり、草いきれが漂って排気ガスの臭気が全く感じなくなる。空気が急に質量を持って呼吸に重くのしかかった。水溜りに入った記憶がないのに、靴の中がじっとりと湿っており、次第にワイシャツの中も冷たい露が湧き出てくる。アスファルトがいつの間にか土の道となり、ゲジが何匹も足元を這い回り始めた。

 振り向くと暖かな光が目に入り、コンビニからの楽しげなコマーシャルソングと幼児たちのはしゃぐ声が聞こえる。ジンギスカンの旨そうな匂いも漂ってきた。

「論理的に! この時期にジンギスカンはほとんどやっていない!」

 俺は自分に言い聞かせるよう叫んだ。すると途端に匂いも明るい声も断ち切れた。

「常識と論理の糸が断ち切られた」

 初めて耳にする声が聞こえた。声の方に振り向くと、三つ揃えのスーツを着た白髪の大男が立っていた。男はスポーツ選手が無理に背広を着ているような頑丈な体つきをしており、只者ではないことが一目でわかる。さらに一メートルほどある白蛇の首を右手で掴んで肩へ掛け、俺を愉快そうに眺めていた。

 白蛇は鱗が目立たずつるりとした外見で、薄暗い中に薄く輝いて見えた。また、白蛇の瞳は黒々としており、俺のことをじっと見つめている。その目の下にはうっすらと隈のような模様が見えた。普段ならありえない話だが、俺は何の証拠もないのに、この白蛇がクツナだと確信した。

「屁理屈で神々に楯つく莫迦な男は君かね」

 俺は首を傾げて答える。

「別に逆らおうとしてはいない。立入禁止の看板も見当たらないし、公共の土地だ」

 男はさらに愉快そうに笑った。

「人間の本能に訴えたはずだ。さらに食いしん坊の君にわかりやすいよう、食べ物の匂いでも道を示したはずだが、明確に拒否した」

「つまり、立ち入るなという不明瞭な指示に逆らったことが問題なのですかね」

「いや、クツナの討伐を妨げようとしていることが反逆準備だと言っている」

 まあ、俺の行動は読めているのだろうし、クツナですらできる読心術を他の奴が使えるのは当たり前というところか。

 白蛇が頭をもたげた。蛇だというのにぼたぼたと涙を零している。もういい、常識や生物学の知識は無視だ。だが論理は。

「だから屁理屈でどうするというのだ?」

「その白蛇を引退させられないのですか」

「化け蛇は神としての役目を与えて祀るか、妖として討伐しないと後禍を残す」

「討伐する理由は」

「神としての役目を果たせない無能だから」

「神としての役目を果たせない無能なら、その無能さ故に禍いすらも起こせないはずだ」

 白蛇がしゃっと何か怒ったような声をあげる。俺は無視して続けた。

「クツナができる悪さなんて、良いとこ俺の冷蔵庫の食い逃げだ。その程度は羆でも近所の悪がきでもできる。その程度の禍であれば世界の誤差範囲に過ぎない。誤差範囲を修正しようとする労力は、費用対効果を検討すれば意味がない行為だ」

 男は呆れた表情になり、次いで白蛇を放り出して笑い始めた。

「仮にも神をそこまで無能だと言い切る人間とは面白い。おまけに禍を費用対効果で測ろうなどと言うのか。まあ、お前さんにクツナは負け通しだったわけだからな」

 だがすぐに男は表情を改め、逃げかけていたクツナを持ち上げると言った。

「お前、神や妖のくせに屁理屈に負けたままで良いのか。人間と同等に堕ちる気か」

 白蛇はまた涙を零して俺を睨み、だがすぐにそのまま力なくうなずいた。男は溜息をつくと白蛇を空中に放り投げる。

 瞬間、俺の目の前に男がいた。移動ではなく、唐突にそこに在った。男は犬歯を剝き出して笑い、反論を許さない声音で告げた。

「小僧は元に帰れ」

 いきなり俺はそのまま突き飛ばされる。そして体は社殿の中を透き通るように突き抜けてさらに飛び、見回すと俺は鳥居の前に呆然としたまま転がっていた。


 幸運はそれほど長く続かず、また丸投げ王が変な案件を丸投げしてきて再び深夜勤務の日々が始まった。とはいえ、クツナが現れる直前のような異常な不幸の連続にはさすがに遭っていない。ほどほどの不幸と、それなりの仕事の仕上がりというつまらない毎日だ。

 スマホからはクツナの電話番号もメール履歴も消えていた。だが夢ではない証拠に、男に突き飛ばされた位置の背広とワイシャツが手の形に丸く焼け落ちていた。

 結局、俺は白髪男に敗北したのだと思う。情けない屁理屈男だ。理屈で人を救えるはずがない。まして神なんて正体不明なものが相手では。でも何とかクツナを助けたかった。合理的に考えれば初めから無理だったことぐらいわかっている。でもクツナに対しては割り切れない。そして、そんな理屈では割り切れないものを俺に伝えてくれたクツナの、悪戯っぽい間抜けな声をもう一度聞きたい。

 徹夜明け、ぼんやりとクツナのことを思い出しながら俺はススキノに向かって歩いていた。あいつは最初、金槌で俺と通り魔的に無理心中するつもりだったのだろうか。だがこんなに疲れて毎日帰宅するよりは、案外とその方が幸せだったのかもしれない。

 クツナが自宅に来た際、ウロボロスのように同じ時間が回っていればと言っていた。クツナのことは迷惑だったが、でも今となってはクツナとの時間がずっと回っていたらと思える。自分の尾を咥えて悲しい顔をしている美しい白蛇が頭に浮かぶ。

 いつまでも下らないことを考えても仕方がない。せっかく貰ったこの残業代で遊びに行こう。ススキノは昼間でも開いているガールズバーがあるようだし。美味しい食事も、と言いたいが、重い食べ物は最近、胃腸が痛くて受け付けない。

 明け方のススキノは夜の灯が消えただけではなく、前日の廃棄物の山が方々に見え、歩く人たちも気だるげで、道内最大の繁華街のはずが地方の寂れた飲み屋街よりもうらぶれた空気が漂っている。

 そんな中、交差点の客引きに混じって青いプラスチックの平箱を首から下げた奴がふらふらと漂っていた。

「とうきび、焼きとうきび、いかがですか」

 野球帽を目深に被った少年が箱を抱えながらか弱い声で焼きとうきびを売っている。首筋と手は女としても色白で、繁華街で売り子をするには貧相な体つきをしている。客引きのお兄さんたちからも莫迦にする視線を受けているのに、それでも声を掛けていた。

 面倒臭い。というか焼きとうきびと聞くだけで気が重くなる。涙を零していた白蛇のクツナを思い出してしまう。一瞬だけ旨そうだと思った自分を許せない。もう、クツナは食べる楽しみすら奪われたはずなのだから。

 俺は足早に少年の横を通り過ぎようとしたが、少年は駆け寄ってくると転びかけ、そのまま俺の腕にしがみついた。

「次は焼きとうきびも食べようって言ってくれたはずですよ、屁理屈男の茂人さん」

 ほんの少し目の下の隈が薄くなったクツナが、恥ずかしそうに俺を見上げていた。

文芸船profile & mail