文芸船

ブルドーザーを追っ払え

概要

幼稚園から小学校低学年対象の人形劇の脚本。人形はギニョールを想定しているが、他の方式でも可。

ミャオ
おとなしいため、いつも馬鹿にされている猫。心根は優しい。
チュー太
機転が利くネズミ。常に引き締まった感じ。
ネズミ軍団
チュー太の仲間。(ペープサート、人形。数を強調)
猫1・猫2
ミャオをいつもいじめる猫。気取った風貌、または意地悪な風貌。
ブルドーザー
悪役。森の乱暴者。(大型ペープサートか人形)
舞台
深い森。遠景の丘に大木が一本立っている。ブルドーザーが崩す山。

脚本

第一幕

猫(声複数)
ミャーオ、ミャーオ、ぼけ猫ミャーオッ!
ミャオ
うるさいな。どうでも良いだろ!
猫1
(馬鹿にする感じで)ミャオ、ネズミとれるようになったかい?
猫2
よく助かったね。ごみ箱にお尻はまってたのに。
猫(声複数)
ミャーオ、ミャーオ、失敗ばっかのニャンニャンミャーオ!
ミャオ
もうやだっ。僕でかけるよ。

全員退場。真ん中に丘を出してブルドーザーの音。ブルドーザーが暴れながら登場。

ブルドーザー
そーれ、ネズミども。ここは俺様の場所だ、でていけーっ!
ネズミ軍団
ひえーっ! (ネズミ軍団とチュー太、飛び跳ねて退場)
ブルドーザー
こんな山なんて一崩し、それっ! (山は左右に揺れて消滅)
ブルドーザー
あっはっはっ!
チュー太
今にみてろ。

ブルドーザーは左手に退場、チュー太は右手に退場。ミャオが左手から歩いてくる。

猫(声複数)
ミャーオ、ミャーオ、失敗ばっかのミャーオ!
ミャオ
(のんびりと)僕はミャオ。まだネズミ一匹捕まえられない。おかげで「ドジ猫ミャオ」だって。おっととと。(ミャオ、つまづいて転ぶ)
ミャオ
あいたた。なんでこんなとこに石ころがあるんだ。
チュー太
(右手の袖から半身だけ出して)猫でも転ぶんだね。ドジな奴。
ミャオ
ネズミめ馬鹿にしてるな。よーし。捕まえてやる! (チュー太に飛びかかるが、軽くかわされて転ぶ)
チュー太
あっははははっ。おかしな猫だ。とろいとろい。
ミャオ
ふん、どうせ僕はのろまさ。何だって言うんだい?
チュー太
(深刻な声で)今、ネズミたちで困ってることがあるんだ。
ミャオ
困ってること?
チュー太
大きなブルドーザーだよ。あれがぐわわわーんって走ると、あっというまに僕たちの家が壊されちゃうんだ。
ミャオ
うんうん。
チュー太
だからさ、あれを追っ払いたいんだ。
ミャオ
えーっ、ブルドーザーを追っ払うだって?
チュー太
そう。だから君に手伝ってもらいたいんだ。
ミャオ
無理だよ、無理。ブルドーザーなんて怖いよう。
チュー太
(鼻で笑って)そんなことだから他の猫に馬鹿にされるのさ。
ミャオ
けどさあ、ブルドーザーだよ?
チュー太
そりゃ僕だっていきなり喧嘩する気はないよ。だからさ、へへへ。耳を貸してごらん。(ミャオに顔を近づける。)
チュー太
(早口で)ごにょ、がにょぐにゅごにょ。
ミャオ
(ゆっくりで)うん、うんふん、ふーん、はん? ほう、うん!
チュー太
ね、出来そうだろ。
ミャオ
けど僕、そんな難しいこと、やっぱり怖いよ。
チュー太
練習さえすればいけるよ。他の猫たちに見せつけるんだ。絶対うまくいくよ。
ミャオ
うん!

二匹、うきうきした調子で連れ立って退場。音楽でミャオ、チュー太登場。ミャオは挨拶・ダンスをチュー太の前で繰り返す。ネズミ軍団、後ろで行進練習。曲の終了で幕。

第二幕

幕が上がるとブルドーザーが山を崩している。チュー太とミャオは草むら(舞台の裾)からブルドーザーを見ている。

ブルドーザー
(歌う調子で)どーんと崩せ、がん、と穴掘れがーりごり。どーんと崩せ、がん、と穴掘れごーりがり。
チュー太
あーあ、またやってるよ。
ミャオ
ほんっとに大丈夫かな。
チュー太
大丈夫さ、まかせとけって。それ、行け。
ミャオ
ブルドーザーの前に出る)にゃーん、にゃんにゃん、にゃおん。
ブルドーザー
なんだこのドラ猫。邪魔だぞ。
ミャオ
(ブルドーザーの前で踊り出す)にゃんにゃん。ブルドーザーさん、僕のダンスを見てくれない?
ブルドーザー
ふーむ、たまには良いか。
ミャオ
(音楽に乗って踊りながら歌う)みゃーにゃにゃにゃん、にゃん。
ネズミ軍団
(チュー太を先頭にブルドーザーの背後の木に行進)
ミャオ
みゃーにゃにゃにゃん、にゃん。
ネズミ軍団
(一斉に木をかじって)がりごり、ぎりがりがりごり。
ブルドーザー
ん? なんか変な音が聞こえるぞ。
ミャオ
それは僕の足音さ。ほら爪で引っかけば、ばりばり、きりりきり。
ブルドーザー
(偉そうに)ふーん。
ネズミ軍団
(木が傾くのにあわせて)がりごり、ぎりがりがりごり。
ミャオ
みゃーにゃにゃにゃん、にゃん。
ネズミ軍団
ばっきん! ミャーオ、たっおれっるぞーっ!
ミャオ
さよーならーっ!
ブルドーザー
う、うわーっ! (木の下敷きになり動かなくなる)
チュー太
(飛び出してきて)やった、やったあ。
ミャオ
勝っちゃった。
チュー太
ほーらね。ブルドーザー相手でも勝てただろ。
ミャオ
いや、えへえへ。
チュー太
ミャオも一人前だね。これからもよろしくな。
ミャオ
うん、チュー太もね。

役の工夫

  1. ネズミ軍団は様々なネズミをユーモラスに描くと良いでしょう。思い切って木をかじるシーンを林業のおじさん風にしてしまうとか、ヤンキー風にするなど。
  2. ミャオのダンスにはリズミカルな曲を選びましょう。
  3. 機転の利くチュー太と間抜けなミャオ、それに乱暴者のブルドーザーの性格の差をはっきりさせましょう。
  4. ブルドーザーは、出来る限り男声で、恐い感じで演じた方が望ましいでしょう。
  5. チュー太は少しお洒落にした方が良いと思います。主役のミャオは優しさを表現したいものです。
文芸船profile & mail